本文へ移動

アライメント時間を短縮する

最近タクトが遅くなったかな?と思うことはありませんか。
良くある原因のほとんどが、オートアライメントのティーチングを行っていないことです。
確かに、マークによってはそれぞれの段取りを端折っても、アライメントできてしまうこともあります。
しかし、面倒くさいからと言って、しないでいいかというと、そうでもありません。
ここでは、オートアライメントのティーチングの必要性について述べたいと思います。

アライメント装置には、テーブルのどの位置にどのようにワークが置かれ、どの位置にどんな形のマークがあるかは、全然わかっていません。
したがって、本来ならばアライメント装置に、これらの情報を教えてあげなくてはなりません。
弊社の装置ですと一般的に、形状登録(パターンエントリー)・位置登録(ポジションエントリー)・学習(ティーチ)がその作業にあたります。
形状登録と位置登録はもうお分かりですよね。ではティーチとは何でしょうか?

ここで、位置合わせ(アライメント)の動作を考えて見ましょう。

マークを認識し位置ずれを検出
マークを合わせる方向に「適当に」テーブルを移動
1.と2.を位置が合うまで繰り返す

・・・これでは試行錯誤の繰り返しで、アライメントは終わりそうもありませんね。

ティーチは、どれくらいテーブルを動かせば、カメラ上でどれくらいマークが動くかを学習する機能です。
これにより、実際のアライメント時に、これくらいの位置ずれならばこれくらい動かせば位置が合うはず。と予測することが出来るようになります。
その予想が的中すれば、アライメントは一回ですむ。というわけですが、この大事なティーチングを行わないと、予想が外れてアライメントを何度も繰り返し、時間がかかってしまうということになります。
実際に、位置合わせに何回アライメントを行っているかは、画面の表示を見るとわかります。
アライメントの画面
小さい文字で見難いですが、Try noと表示されている項目が
一回の位置合わせで行ったアライメント回数。
その下のTimeが位置合わせにかかった時間です。
これは弊社装置に一般的に使われているアライメントの画面です。
装置によっては異なる場合があります。

アライメント回数が1回で終わっていない場合は、ティーチをおこなってみることで、タクトを短縮することができる場合がありますので、ぜひ一度お試しください。
また、ティーチを何度やってもアライメントが1回で終わらない場合は、メカ的な不具合やオーバーホールの必要性も考えられます。
TOPへ戻る