スクリーン印刷コラム(2)

~スクリーン印刷はすばらしい~

スクリーン印刷法は 「水と空気以外には何でも印刷出来る」 と言われます。なぜでしょうか?
これは、スクリーン印刷法が孔版印刷だからです。スクリーン印刷法と他の印刷法との大きな違いは版よりインキを直接被印刷物に転写することです。他の印刷法は版に付いたインキを転写板に転写して、これを被印刷物に再転写して印刷します。その為に使用するインキは版にも良くぬれて、しかも被印刷物にもぬれるという性能を持たせる必要が有ります。
これに対してスクリーン印刷法はインキが版にぬれる必要が無く、被印刷物とのみぬれ性を持っていれば良いのです。これは多様なインキに対応できる事を意味します。また、高機能インキを開発する場合に版とのぬれ性を考慮する必要が無い分、インキの開発のハードルが低くなります。最近家庭に普及しているインクジェットプリンターは、みんな専用インクを使用します。これはインクを小さなインク滴にして飛ばす必要が有るからです。スクリーン印刷はこんな事も不要です。だからスクリーン印刷法は簡単な機構で高精度の印刷が出来ます。
何でも簡単に印刷出来るという一例をご紹介しましょう。最初は糊の印刷です。近くの文房具店で売っている糊を購入して前回ご紹介したHP-320で印刷すればOKです。特に専用インキは不要です。
次はチョコレートの印刷です。チョコレートを細かく砕いてカップに入れて湯煎してください。チョコレートが溶けたら、これを版に乗せて冷える前に素早く印刷します。ワークがホワイトチョコレートなら白色の生地にチョコレート色の絵柄が印刷されます。この他にも、半導体への導電印刷、太陽電池への導電印刷などもスクリーン印刷が応用されています。印刷機1台で半導体から食品まで対応できる!!これがスクリーン印刷法の凄さです。
まずは手刷りスクリーン印刷機HP-320でいろんな印刷を試してください。新しいアイデアが浮かぶと思います。

HP-320の仕様については こちら をご参照ください。
詳細は弊社営業部にお問い合わせ下さい。
ニューロング精密工業株式会社
〒141-0022
東京都品川区東五反田3丁目21番5号
TEL.03-3473-1155
FAX.03-3473-5055