ニューロング精密工業はスクリーン印刷機の製造販売を行っています。スクリーン印刷法を中心に、より良い開発・研究・製造装置を供給いたします。

スクリーン印刷機 技術情報

技術情報トップ

使いこなしの耳寄り情報

~印圧と膜厚のビミョーな関係~

一般的には、印圧(スキージにかける圧力)を大きくすると、膜厚(印刷されたインクの厚み)は薄くなると言われています。
これは、スキージの圧力が、版から押し出されるインクを掻き取るためと思われます。
弊社で実験してみても、確かにそのような結果が得られました。

印圧による膜厚変化(硬度80°)

しかし、どんな時でもこのようになるとは限りません。
例えばスキージの硬度を80°から60°にしてみると次のようになりました。

印圧による膜厚変化(硬度60°)

先ほどのグラフと違い、膜厚がリニアに薄くなりません。それどころか、0.25mpaあたりから逆に厚くなっています。
これは、スキージが印圧に負けてたわみが大きくなり、印圧が逃げてしまうことと、スキージのたわみにより実際の版とのアタック角が寝てしまい、インクを多く押し出してしまうことによります。

スキージのたわみ
スキージのたわみは、硬度が高くなるほどたわみ
にくくなり、硬度が低くなるほどたわみやすくなります。
しかし闇雲に硬度を高くすると、インクが押し出しにくくなる
などの弊害もありますので注意が必要です。

またスキージ硬度はメーカや材質によってばらつきがあり、一般的には±5°くらいは誤差があると言われています。
印圧にしても、他にいろいろなアクチュエータを動かしていると、供給圧に少なからず変動があります。
そのような不確定な条件で、安定した膜厚を得るためにはどうしたらいいでしょうか?
それでは先ほどのグラフを重ね合わせてみましょう。

スキージ硬度と印圧による膜厚変化

このグラフから、(今回の実験で使用したインクと紗などの組み合わせでは)能力的に膜厚7.5μmが基準と考えられ、印圧0.15~0.25mpaくらいでもっとも安定した実力を発揮することがわかります。


Copyright(C)1999-2017 NEWLONG SEIMITSU KOGYO CO.,LTD, ALL Rights Reserved.