ニューロング精密工業はスクリーン印刷機の製造販売を行っています。スクリーン印刷法を中心に、より良い開発・研究・製造装置を供給いたします。

スクリーン印刷コラム

スクリーン印刷コラム

スクリーン印刷コラム(27)

~顔を洗っていますか~


 朝起きたら顔洗っていますか?
こんな事を聞かれたら「当たり前です。汚い顔で仕事しません!」と言いますね。
ところで、スクリーン印刷の顔であるスキージを「毎日洗っていますか」と聞かれたらどうでしょうか?


 スキージは印刷している時はインクの中に漬かっていて、溶剤や樹脂、フィラーの中で一生懸命仕事しています。スキージも仕事が終わってから綺麗にしてあげてください。


 ではどのようにしてあげたらよいのでしょうか。
この説明の前にスキージの役割をまず説明します。スキージはインクをしっかり捕らえて、インクに圧力を与えてインクを版より押し出す役割をしています。したがって、スキージの先端が凸凹ではインクを捕らえることが出来ません。また、スキージがぶよぶよになってはインクに圧力を与えることが出来ません。



 そこで手入れですが、先ずスキージの先端をすべすべに研磨しましょう。美人の綺麗な肌のように!綺麗な印刷はスキージの綺麗な肌が重要です。

 次に一生懸命働いたスキージには充分な休息を与えましょう。あなたも疲れていては良い仕事が出来ないでしょ?スキージも同じで、インクの溶剤の中に長く漬かっていると溶剤がスキージに浸透してスキージが膨潤してしまいます。一日使用したら、一日休ませましょう。
このようにスキージも人間と同じくお手入れと休息が大切です。


 当社ではスキージのメンテナンス用機械としてスキージ研磨機を販売しています。
このコラムを読んで「研磨機てなんだ?」と思った方、それはスキージのメンテナンスをしていないかもしれません。毎日顔を洗っていると言って、洗顔用具を知らないのと同じこと。

 小型のスキージ研磨機「SA-1」、大型のスキージ研磨機「SG-500HR」を使用してスキージをいつも綺麗にしてあげてください。


Copyright(C)1999-2017 NEWLONG SEIMITSU KOGYO CO.,LTD, ALL Rights Reserved.