ニューロング精密工業はスクリーン印刷機の製造販売を行っています。スクリーン印刷法を中心に、より良い開発・研究・製造装置を供給いたします。

スクリーン印刷コラム

スクリーン印刷コラム

スクリーン印刷コラム(9)

~ながーく印刷~


  スクリーン印刷ではどのくらい長く印刷できると思いますか?


  当社の平版スクリーン印刷機で最も大きい印刷機はLZ-2300STVAいう印刷機です。
この印刷機は2.3mの大きさの印刷ができます。これ以上大きな印刷機も製造可能ですが、工場から運び出すことが難しくなります。さらに版の大きさが3mを超えてしまい、重さが約100kgとなり1人では持ち運びができません。とても簡単に印刷することは不可能です。


  しかし、版を丸めたらどうでしょうか。版を筒状にして転がしながら印刷したら永遠に印刷することが可能になります。ずっと印刷し続けることができるのなら、地球1周分印刷することも夢ではないような気がします。


  この筒状の版を使用する印刷方法をロータリースクリーン印刷と呼びます。
一般に良く使用されているスクリーン印刷(平版スクリーン印刷)との大きな違いは版を回転させながら印刷することです。したがって、終わりがない(エンドレス)印刷が可能です。版の直径も約200mm(LS-500NR)で、人が片手で持てるくらい軽い版ですので印刷機は小型にできます。


  この当社の印刷機LS-500NRは、LZ-2300STVAより遥かに広い面積を印刷できます。しかも早い。最大印刷スピードは時速6km!六日町から東京までの距離200kmを33時間で印刷できます。


  LS-500NRの仕様については こちら をご参照ください。
詳細は弊社営業部にお問い合わせ下さい。

ロータリースクリーン印刷機LS-500NR


Copyright(C)1999-2017 NEWLONG SEIMITSU KOGYO CO.,LTD, ALL Rights Reserved.