ニューロング精密工業はスクリーン印刷機の製造販売を行っています。スクリーン印刷法を中心に、より良い開発・研究・製造装置を供給いたします。

スクリーン印刷コラム

スクリーン印刷コラム

スクリーン印刷コラム(4)

~スクリーン印刷の細線印刷~


  スクリーン印刷はどこまで細い印刷が可能ですか?という質問を受けることがあります。良くある答えとして、スクリーンマスクに使用している糸径以下の細いパターンは印刷できませんと言うことがあります。確かに、スクリーンマスクの糸の部分はペーストが通ることができません。一見、正しい答えの様な気がします。しかし実際は違います。写真①、②を見てください。


  写真①は640メッシュの版に線幅15μmのパターンを焼き付けた物の顕微鏡写真です。糸がクロスしている所を見ると、完全にパターンを塞いでいます。どう見てもペーストが通過する事ができません。したがって「糸径より細いパターンは印刷できません」という答えも納得できるような気がします。
  しかし、写真②を見てください。パターンが真っ直ぐに印刷されています。これは写真①の版を使用して特殊なフィルムに印刷した時の写真です。いかがですか、糸がクロスしている所もしっかり印刷されています。


  どうしてこの様なことが起こるのでしょうか?これは版に塗ってある乳剤が関係しているのです。版にはメッシュ上に乳剤と呼ばれる樹脂が塗ってあります。これが被印刷物とメッシュの間に隙間を作っています。この隙間をペーストが流れることによって糸がクロスしている部分でもパターンが印刷できるのです。
  ということで、スクリーン印刷でどこまで細い印刷が可能かという問いの答えは、「製版さえできれば糸径に影響されることなく細線が印刷できる」ということになります。


  理論を考えるより、まずスクリーン印刷で試してみましょう。


【写真①】
写真①
【写真②】
写真②


Copyright(C)1999-2017 NEWLONG SEIMITSU KOGYO CO.,LTD, ALL Rights Reserved.