ニューロング精密工業はスクリーン印刷機の製造販売を行っています。スクリーン印刷法を中心に、より良い開発・研究・製造装置を供給いたします。

スクリーン印刷コラム

スクリーン印刷コラム

スクリーン印刷コラム(1)

~手刷り印刷のすすめ~


  スクリーン印刷が初めてのお客様から「印刷条件はどう設定したら良いのですか」と聞かれます。一般的な条件を説明するのですが直ぐには理解できないものです。


  そこで、「印圧」「印刷スピード」「アタック角度」等スクリーン印刷を行う為の重要な条件を簡単に理解する為に、まず手刷り印刷をする事をお勧めします。


  印刷機に版とワークをセットしてスキージを両手でしっかり掴み印刷してみてください。
先ず、手の力を入れたり、抜いたりして印刷してみてください。次に、スキージを引く速さを速くしたり遅くしたりして印刷してみてください。次に、スキージを立てたり、寝かせたりして印刷してみてください。印刷状態はどうなりましたか?おそらく印刷膜厚が厚くなったり、薄くなったりしたと思います。これは、

手の力→「印圧」
スキージを引く早さ→「印刷スピード」
スキージの立て方→「アタック角度」


というスクリーン印刷を行う上での重要な条件のテストを行ったのです。そして、これらの条件が印刷にどう影響するかを体験する事が出来ました。


  しかし、手刷り印刷では繰り返し同じ条件で印刷する事はかなり熟練が必要で、また人による個人差も有ります。これを長時間安定して、誰が印刷しても差の無い印刷を出来る様にしたのが自動印刷機です。手刷り印刷で大まかな条件をつかんで自動印刷機で条件を詰めれば安定したバラツキの少ない印刷を素早く設定する事が出来ます。また、印刷条件を変えると印刷がどの様に変化するかを予測出来る様になります。


“スクリーン印刷はまず手刷りから。”


ぜひお試しください。


HP-320の仕様については こちら をご参照ください。
詳細は弊社営業部にお問い合わせ下さい。

手刷りスクリーン印刷機HP-320


Copyright(C)1999-2017 NEWLONG SEIMITSU KOGYO CO.,LTD, ALL Rights Reserved.